海外で商談を行うときには|マニュアルを翻訳するなら此処|海外を視野に入れるなら
メンズ

マニュアルを翻訳するなら此処|海外を視野に入れるなら

海外で商談を行うときには

勉強

外国語での商談

香港はアジアと西洋のビジネスの拠点として大変注目されています。海外企業も多く、ビジネスの公用語として中国語だけでなく英語が多く使われています。契約書やその他のビジネス文書は英語であることが多く、香港にビジネスを進出させる企業は、英語ができることが前提となっています。もちろん、中国語も必要ですが、中国語の通訳は現地でも比較的容易に見つけることができますので、アメリカやヨーロッパの企業は英語のみで取引を行っていることがほとんどです。香港でのミーティングや接待などで通訳者が必要になった場合、エージェンシーを通して探すと良いでしょう。英語と中国語だけではなく、日本語も話せるという3言語のできる人を依頼すれば、複数の企業を交えた商談もスムーズにいきます。

資格や機密保持

日本では通訳という仕事への理解が海外に比べて低く、たとえば英語と日本語が理解できれば通訳ができるであろうと考える人が少なくありません。しかし、通訳というのは専門職であり、通訳技能を身に付けた人でなければ話者のスピードや専門的な内容をしっかり通訳することができません。正式な商談やカンファレンスであれば、きちんとした通訳技術を持つ人を雇うことが大切です。海外では通訳者や翻訳者の国家資格がある国も多く、その地位および報酬は日本より高くなります。商談の内容によっては、企業秘密をしっかり守ってもらうことも重要になります。香港現地で雇う場合は、個人的な契約でなく、信頼できる業者から派遣される人を雇えば、機密保持に関する契約もしっかり調印することができますので、安心です。